その他の処理

弊社では、他のさまざまな方法を提供しています。これには、各ワークピースの精密部品のニーズに焦点を合わせて完全に満たすことができる専門のレーザー彫刻チームも含まれます。


研削

製造業では、研削は仕上げ方法です。 研磨工具にコーティングまたはプレス埋め込みされた研磨粒子を使用して、特定の圧力下での研削工具とワークピースの相対的な動きによって処理面が仕上げられます。 あるいは、研磨粒子と添加剤を混合して溶媒に分散させ、処理面との相対移動によって処理して、より高い仕上がりを実現します。

  • シンプルな機器、低精度の要件
  • 信頼できる処理品質。 高い形状精度と低い表面粗さが得られます


ポリシング研磨(バフ研磨)

ポリシング研磨(バフ研磨)は、物理的な機械または化学物質を使用してオブジェクトの表面の粗さを減らす処理技術です。 研磨技術は、主に精密機械や光学産業で使用されています。 ワークの研磨面は滑らかで、反射効果も良好です。 ワークを研磨すると厚みが薄くなり、傷が付きやすくなります。細かいベルベットの布、スエード、白鳥の毛、特殊な洗浄剤で表面を洗浄する必要があります。

  • 明るく滑らかで清潔な表面を実現
  • 反射効果を増加または強化する
  • 表面の粗さを減らす
  • 電解研磨は表面の耐食性を向上させることができます


レーザー彫刻

レーザー彫刻は、ワークピース上のテキストまたはパターンを永続的に転送する方法であり、高熱アブレーションによって引き起こされる色の変化も含まれます。 この技術は、木材、金属、半導体からダイヤモンドまで、ほぼすべての材料に適用でき、インクまたはドリルビットの定期的な交換を必要とする代替の彫刻またはマーキング技術よりも優れています。

  • ほぼすべての素材に適用できます
  • インクとドリルのコストの無駄はありません
  • 色あせない、刻まれたテキストまたはパターンは永続的に有効です


スレッドロックコンパウンド(NYLOK)

一般に落下抵抗処理と呼ばれ、主にナットとスクリューの2つの形態に分けられます。主な原理は、エンジニアリングプラスチックをスクリューの歯の表面に取り付けることです。 ロックプロセス中にプラスチックが変形し、ワークピースが固定されます。

  • 機械的変位を避ける
  • 緩むことなく連続振動に耐えることができます
  • 自動車やオートバイなどの動力機械での使用に適しています
  • 自転車での使用に適しています


© 2022 Huang Liang Precision Enterprise Co., Ltd All rights reserved.